考えていること。

今日はちょっと長文です。

ここ何日か、コタロウとの接し方を考えています。

今は褒めて躾ることが一般的で、私もできるだけそうしたいと思っていますし、
褒める時はいっぱい褒めているつもりです。
f0050880_22322090.jpg

でも、トレーナーさんによって考え方に違いがあり、以前参加した1日講習の
トレーナーさんは、褒めるのみでは躾られないという考えの方でした。

褒める時も叱る時も大げさなほどに。叱る時は、体罰も有り。
ちょっと叩いただけでは犬は痛さを感じないので、投げ飛ばすくらいでいいということでした。

こうやって叱る場合の事だけを書くと、かなり刺激的で悲しくなるほどスパルタで
まったく共感できないかもしれませんが、もちろん全てがそういう感じではないのです。
基本的には叱るような状況を作らないであげることがベスト。
一度犬が理解すればその後は叱らずにすむから、
トレーナーさんは今では自分の犬を怒ることがないとのこと。
f0050880_22365891.jpg

で、私とコタロウのことですが。
コタロウは家にいる時や、外でも犬がいない場ではあまり問題はなく
(そう思ってるのは飼い主だけかもしれませんが。汗)怒る機会も少ないのですが、
周りに犬がいる時は、本当にダメなんです。(必ず相手の犬のお尻を咬むのです)

ということは、ワン友と会う時は、私は毎回コタロウを叱っているわけです。
それで、そういう時、私はどうやって叱っているかと言うと、「咬んだらダメ!」と言いながら
コタロウの頭をグーでぶったり、お尻をペチペチ叩いたりしているのです。
f0050880_22505121.jpg

そもそも私がコタロウのリードをしっかり管理して、コタロウが咬む状態を作らせないように
もっと気をつけなければいけないと深く反省。
それでも怒らなければならない時、やっぱり叩くのはよくないかなぁと思ってきました。
f0050880_231953.jpg

私がもっと上手にコタロウを褒めたり叱ったりできるように、
トレーナーさん(以前の講習とは別の)に個人レッスンをお願いしようかと考えています。
f0050880_22575895.jpg

犬は飼い主の鏡。
コタロウが犬に対していっぱいいっぱいになっちゃうのは、
そんな時に私がいっぱいいっぱいになっちゃうからなんだろうなぁ。


←コタロウの応援ありがとうございます。
by kotaji-oya | 2009-01-29 23:58 | 日常
<< 掻くのガマン。 ハッピー家で新年会。 >>